このコンテンツには広告が含まれています

家庭教師Campってどう?口コミ評判・料金・教材を確認する

編集長 岡本

家庭教師の「Camp」について、資料請求や問い合わせ、サービスを利用した生徒の声を踏まえて徹底解説します!

[家庭教師Campは学習塾enaグループを経営する学究社が展開するオンライン専用の家庭教師サービスです。

最大の特徴は、最難関大学在籍の教師陣を揃えていることです

東京大学や一橋大学、早稲田大学や慶應大学など誰でも知っている超難関大学の現役の教師陣約180名を抱えており、有名大学への合格者のノウハウをもとに指導を行っています

この大学に入りたい、有名大学に行きたいなどの強い要望を持つ生徒にとっておすすめの家庭教師がCampです。

しかも、オンラインで受けられる家庭教師であるため

  • 学習塾に通いたいけど近くに塾がない
  • いつでも好きな時間に勉強できるような環境を整えたい

考えている生徒におすすめです

家庭教師は必ず資料請求しよう

家庭教師サービスの詳細な料金プランは、資料請求をしないとわからない会社が多いです。

公式HPをみて良さそうだと思って無料体験を申し込んだら、高額なプランや教材購入を迫られ契約してしまった、という声もよく聞きます

資料請求をすることで、実際にかかる料金を知ることができますし、各社の資料を比較することで

「ここはプロ家庭教師だから割高なのか」

「ここは指導料金は安いけど、教材購入が必須らしい」

といったことがわかり、希望にあった家庭教師を選びやすくなります。

チラシやHPをみて良さそうだと思った会社が、実は悪徳サービスだった!ということもありますので、家庭教師選びは必ず資料請求をした上で、複数比較して選ぶようにしましょう

編集長 岡本

上記ボタンから、お住まいの地域に派遣している家庭教師の資料を、まとめて取り寄せることができます。

資料が手元にある方が比較しやすいですし、家族とも相談がしやすいですよ!

目次

家庭教師Campの特徴や指導内容

コース情報
入会金なし
授業料目安4,180円~(25分/月4回)
オンラインあり
教材購入強制ではない
対象地域全国(オンライン)

授業内容

家庭教師Campでは学年に合わせて様々なコースを完備しています。

小学生から中学校の受験対策を行うコースや学校の授業の復習を行う基礎コースなど多彩なプランを用意しています。

コースによって目標は異なるため、予め何を目的に勉強するのかを決めることができます。

授業時間は1コマ25分です。

一般的な家庭教師の授業と比較すると短いですが、その分内容が濃く、集中して勉強できる授業を行っています。

独自の取り組み

数々の実績を持つenaグループならではの独自の取り組みとして、目指す学校に応じたプランを展開しています。

同じ高校受験のコースでも都立高校への受験、私立難関高校への受験、私立標準高校への受験など様々なコースを設定しています。

合格するためのノウハウを持っているからこそ、コースを多彩に分けて目的を絞りながら授業を行っていることがポイントです

講師の質、選定基準

講師はすべて難関大学の現役大学生です。在籍で180名の講師が所属しています。

講師はただ難関大学に通っているだけでなく、家庭教師の講師になるための独自の試験に合格しています

enaグループは学習塾として講師レベルの維持に努めていますが、家庭教師Campでも同じスタンスで取り組んでいるため、常に講師は高いレベルを維持しています。

その他

家庭教師Campでは専属担当制の講師ではありません。

授業は都度予約制をとっており、授業日時や講師を毎回セレクトすることができます。

家庭教師につきものの、講師と生徒の相性が合わないなどの問題が発生しないのも家庭教師Campの特徴の一つです。

家庭教師Campの指導料金/授業料


こちらに記載される料金はすべて税込みです。

家庭教師Campの入会金は0円です。

月々の料金は授業料のみです。

授業料について

家庭教師Campの授業料は定額制と従量制の2つが用意されています。

定額制 月4回授業

基本授業料 4,180円
  • 基本授業料は1コマ(25分)を4回行う際の料金です。
  • 講師が東大、国公立大医学部の場合は+165円です。
  • 東工大、一橋大、東北大、私立大医学部の場合は+110円です。

従量制

料金 1,320円
  • この料金は1コマ(25分)の料金です。
  • 講師が東工大、一橋大、東北大、私立大医学部の場合は+330円です。
  • 講師が東大、国公立大医学部の場合は+660円です。

その他料金について

支払い方法はクレジットカード払いのみです。

家庭教師Campのオンライン指導

【ブログ更新】

今回のテーマは「面接」です!

面接官役で数多くの面接対策をしてきた家庭教師Campスタッフが、大事なポイントを3つにまとめました。

緊張して失敗することも多いので、失敗しやすいポイントは今のうちに抑えておきましょう!#入試 #受験 #面接 #英検https://t.co/bsDPYVL1jy

— オンライン家庭教師 │ 家庭教師Camp (@katecam_online) November 21, 2021

オンライン授業

家庭教師Campがオンライン専門の家庭教師です。

そのため、すべての講義がパソコンやタブレットを使用したオンライン授業で構成されています。

設備や配信環境

オンライン授業の方法はZoomを使った講義です。

Zoomはビジネスの場においても定評のあるオンライン会議システムで、音声や画像がクリアであるとともに、ブラウザだけでなくアプリをインストールして利用する事もできます。

そのためパソコンだけでなくタブレット端末やスマートフォンでも授業を受けることができます。

オンライン授業の料金形態

授業形態は月4回コースが基本となっています。

月4回の固定コースで料金は4180円と定額ですが、講師の大学により基本料金に上乗せがあります。

例えば東京大学や国公立大学の医学部の講師をセレクトする場合には、1コマあたり165円の上乗せがあり、月4回コースで660円の追加で合計4840円となります。

また、4回以上授業を受けたい場合には一回単位の授業を追加することができます。

こちらも講師の所属する大学によって料金は異なりますが、最大で一回1980円で授業を受けることができます。

最低4回から、1コマ単位で増やすことができ、毎月変える事もできる事から自分のペースにあった授業プランを組み立てることができます。

テスト前の期間に集中して授業を入れるなど工夫をすることもできます

オンラインでの独自コンテンツ

Zoomには会議を円滑に進めるための様々な工夫があります。

ペンを使って画面に文字を書き入れたり、ホワイトボードで自由に伝えることもできます。

オンライン授業ではこれらの機能を使いながら生徒が理解しやすいように工夫しながら授業を進めています

家庭教師Campの口コミ評判

家庭教師Campの教材について

独自の教材はあるか

家庭教師Campでは独自の教材は一切使用していません。

新規契約する際に教材などを購入する必要はありません

授業は手持ちの問題集や参考書、学校で利用している教科書を利用します。

毎回生徒側が何を教えて欲しいのかによって授業を進めるスタイルであるため、独自の教材を必要としていません

教材を購入について

生徒が新たに問題集や参考書を購入したいと考えている場合などは、相談する事も可能です。

ただし、その場合でも購入するのは生徒自身であり、家庭教師Camp側では問題集のアドバイスを行うのみになります

家庭教師Campのデメリット・利用時に注意したいこと

家庭教師campで本当にあった面白い話
先生「二分余ったねどうしようか〜なんかやる?なんの教科でもいいよ」
自分「じゃあ音楽をしよう!ドレミの歌ゲーム!」
て言ってドレミの歌ゲームしてたw圧勝でした。

— 気まぐれだらだら (@Xcc3zxHSB7UgAYh) February 4, 2021


1コマの授業の時間数が25分と短いため、分からないことが明確ではっきりしている場合には効果的ですが、何がわからないのかも不明な状態で躓いている場合には、解決への糸口が見つからないまま授業が終了してしまうことが多いと口コミでは書かれています。

授業を受ける前に何を質問したいのか、ゴールは何なのかを明確にしておかないと時間を無駄に過ごしてしまうことになります

時間の短さについては他にも、基本問題を理解しても応用問題まで手を伸ばす時間がないなど、もう一歩プラスアルファの成果に結びつきにくいといった声もあがっています。

家庭教師Campの退会方法は?違約金の有無について

退会時の流れ

家庭教師Campの支払いは毎月の利用した分を決済する方法です。

月4回払いを申し込みした時点や、一回授業を申し込んだ翌日0時が決済基準となります。

そのため退会する場合には、事前に申し出する必要があります

退会時に違約金など別途料金が発生することはないため、安心して利用する事ができます。

そのため、ピンポイントで使いたいときだけ申し込んで使うといった効果的な利用方法も可能です。

口コミでも明瞭会計なので安心して利用できると言った声が多くあがっています。

家庭教師は必ず資料請求しよう

料金形体をしっかり確認しないまま無料レッスンに申込み、迫られて高額プランに申込みしてしまった

あとから他社と比較してみたら教材費が異様に高かった

そんな口コミは少なくありません。

家庭教師は「高ければ良い」というわけでは決してありません。「生徒の特性と目標を理解しているか」「生徒との相性が合うか」が重要です。

面倒でも複数の家庭教師の資料を取り寄せ、体験レッスンを受けてみることで、金銭面でのトラブルを防ぐことができますし、短期間での成績UPに繋がります

まずは住んでいるエリアにどんな家庭教師サービスがあるか、検索をして資料を取り寄せてみましょう。

編集長 岡本

資料が手元にある方が比較しやすいですし、家族とも相談がしやすいですよ!

目次